2019年3月18日 (月)

Uバーでスクワットを…なんだ…やり易いじゃん…。笑

20190318_101205

週末は、親戚関係の用事で帰省しておりまして

金曜、土曜日は両日ともトレは出来ませんでした。

で正にとんぼ返りで東京に帰ってきて

日曜日。自宅でトレーニングしました。

以前ですと、睡眠時間を削ってでも

夜中に起きて…なんてやっていたんですが

最近の私は違います。(笑)

たっぷりと寝て、短くても良いからトレ時間を確保します。

で自宅トレだったワケですが、3部性にして各30~1時間程の

時間を取ってトレしました。

一部はベンチプレスですね。脚挙げでやったり色々やりました。

で2部、3部はスクワットだったんですが

木曜日にスミスのワイドパーシャルをやっていますので

重量的には軽めにしました。

で、なんとなくUバーでスクワットをやってみたんですが

なんともやり易いんですね。Uバースクワットって。(苦笑)

僕はバックスクワットをやる時、サムレスでバーを保持するんですが

Uバーをサムレスで握ると、バーが傾くので重心が少し前になるんですよね。

感覚としてはセーフティーバースクワットと似ているのかもしれません。

凄くしゃがみ易く感じましたね。僕は。

ただ、Uバーってシャフトが少し短いんで、加重が150kg位までしか

付けられないっぽいんで、工夫が必要かもしれません。

まぁ、プレートにチェーンでアドオンさせても良いわけですから

それはそれで、面白い刺激なんですけどね。ブラブラするでしょうけど。(苦笑)

でも、トレで日々発見の連続ですよね。器具しかり

自らの身体しかり。

まだまだ研鑽が足りませんね。楽しいですね。(ニッコリ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月14日 (木)

背中、脚(ワイド系スクワット)@サウス東京

今日は木曜日。わざわざ改めて書く事でも

ないのですが、サウス東京で背中、脚をやってきました。

採用種目としては…

☆ハンマーハイロウ

フルスタックまで加重しました。ツーハンドとワンハンドの両方を採用。

ツーハンドは引ききれてません。(苦笑)

☆トップサイドデッドリフト

久しぶりに300kgオーバーまで引きました。最高です。

☆FLEXプーリーロウ

今日はニーリングでやらずにベーシックなフォームにしました。

300ポンドまで扱いました。

☆ダンベルデッドリフト

スティフとデッドの中間みたいなフォーム。150ポンドまで。最高です。

☆垂直スミスワイドスクワット

ボトムから押します。300kgちょっとまで加重しました。

レンジは短いんですが、大腿上部に非常に効きますよね。

これまた最高です。(笑)

☆ICARIANライイングレッグカール

少しずつ加重しながら、最終的にはフルスタック+60kgまで。

3レップしか出来なかったですけどね。(苦笑)

ライイングレッグカールのパッドは丸に限りますね!四角いのは嫌いです。

で終わり~。ダメージ強し。

トレ後はクリーンなものを…と思っていましたが

身体がそれを求めていないと感じたので(笑)

串団子4本、うぐいすアンパン、プロテインを食べました。

さて、明日はオフですね。

次は日曜日の朝かな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

拮抗筋の組み合わせ。

週末は、土日ともトレ出来ました。(笑)

土曜日は、自宅でスクワットを1時間ぐらいかな。

追い込んだ感じのトレは敢えてしなかったんですが、やれば

ちゃんと身体は答えます。むしろ軌道がズレているのに無理矢理

レップを続けるのは危険です。怪我しますし、思った程の効果はないと思いますからね。

あと、歪みが気になります。なんというかズレがズレを呼ぶというか。

ただ、やっぱりスクワットって良いですね。身体中に重さがのったあの感覚。

重量が何kgであれ、良いもんですよ、あれは。(笑)

事、緊張感で言えばデッドの方が勝りますけど。

で、日曜日。ちょっと眠かったんですけど(苦笑)

午前3時起床で府中に行ってきました。ちょっと調整を始めようと思いまして…

拮抗筋同士の組み合わせでやってみました。胸、背中を。

胸=3種目、背中=4種目。両面パンパンになるんで、気持ち良いですね。

最高です。拮抗筋同士の組み合わせだと、胸&背中、腕、脚、肩になりますか。

肩は元々、押す引くの動きが混在した拮抗筋みたいな部位ですから、そのまま

肩という分け方になりますかね。拮抗筋同士の組み合わせに関しては

絞りにも効果がありますよね。

話は変わりますが、オフシーズンを迎えてから

大幅に睡眠時間を増やしたんですが、非常に体調が良いです。

疲労回復にはやはり睡眠ですね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

1年半ぶりぐらい?溝の口ゴールドで背中。

をやりました。

珍しく夜でしたね。
久しぶりに行きましたが、知らない方ばかりでした。(苦笑)
なんというかフィットネス人口は増えてますね。着実に。
で、僕のトレは背中でした。順番的には脚の日なんですが
どうも溝の口の脚の器具はフィーリングが合いません。
ですので、背中にしました。
特にハックスクワットなんですが、以前にも書きましたけれども
メーカー、種類によってフィーリングが合う、合わないが
大きいんですね。合わない器具でやると、膝を痛めそうな
感じがあるんですよ。
レッグプレスも、溝の口のものは、どうもしっくり来ません。
ただ、ストライブのマシンレッグプレスは良いですね。
ウエイトスタック式なんですが、結構効きます。
で、背中ですがバーベル種目をたっぷりやりました。
リバースベントロウ、サムレスでのベントロウ、
トップサイドデッドなどですか。
閉館時まで居ましたから8時半〜11時15分まで
ですから3時間弱ですか。結構やってますね。(苦笑)
他にも、背中系の器具は一通り触ったかな。
トレをやったのが土曜日の夜ですから、今現在48時間経過して
いません。身体のダメージが酷いです。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 1日 (金)

月曜日=大森。木曜日=大井町。

今週のトレーニングは、タイトルにあるように

月曜日=夜、大森。
木曜日=昼、大井町。
でした。
月曜日は、なんとしてもトレーニングをしたかったので、
敢えて、器具の豊富な大森へ。
入館して、ジムフロアへ行くと、岩井知子選手が
トレしていました。今年は早速、2月のマッスルコンテストに
出場するとの事でしたね。
背中をトレしていましたが、中々パワフルにやっておりました。
更に、ジムの中央へと歩を進めると…
小沼さんがおりました。
先日の中野以来の再会でした。
更に歩を進めると…
水田吉優選手がおりました。
大森の剛腕、武井選手もおられて
お話が出来ました。パワーラックで
フルスクワットをしていましたけれども、流石に
パワフルですね!
様々な選手が、鍛錬する中
自己鍛錬に励んだワケですが、
なんとも、気合いが入りますよね!
トレーニングは自分自身の問題だから
環境は関係ない。なんて言う人もいるとは
思いますけど、やはり関係ありますよ。
重量も変わってくるんじゃないんですか?
月曜日、強くそれを感じましたね。
選手同士が切磋琢磨する、大切な事ですよ。
あいつがあれぐらいの事をやっているなら
俺はそれ以上やる。みたいな気持ちになりますもんね
自然と。
曜日は分かりませんけど、たまに刺激をもらいに
行こうと思いましたね、大森にも。
で、火曜日、水曜日は帰省しておりました。
往復700kmを雪道もある中、疾走してきましたよ。
運転は同じ姿勢をしているので、脚にきます。(苦笑)
本来は脚の日でしたが、日程をずらしましたよ。
で、サウス東京でプレス三昧をしてきました。
どちらかというと、胸、三頭を重点的にやった感じでしたね。
現状3分割でやっていますが、僕的には得意な事も
あってか、脚、背中に比べると楽になりがちなので
注意しています。(苦笑)
プレスは、背中、脚の日に負けないトレを、
脚は、全ての部位のトレの中で一番のハードさを。
これを心がけています。
という事で明日は、脚をやります。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

木曜日。脚の日。

ジムで着替えを済ませ、ロッカールームを出ると ゴリ高梨選手にお会いしました。

今年の大会予定などで立ち話をしたんですが…
いつも感じる事なんですが、オフなのに質感が ゴツゴツしているんですよね。
ブロック大会の選手だと、大抵オフ期って ポッチャリしているじゃないですか。(苦笑)
高梨さんは「ゴリ」という愛称がありますけど
僕から言わせてもらうと「岩石」ですよ。 (勿論褒め言葉ですよ。笑)
半袖短パンでトレし終えた後だったワケですが、 に、しても…ですね。
やっぱり、トレ歴も長くて、長きに渡りファイナリストに ランクされている選手ですからね。
あの感じは、若い選手にはないものですよ。
神戸開催の日本クラス別の話もしましたけど ヤバそうですよ!今年の日本クラス別は!(笑) 田代さん、合戸さんは出場するようだし 須山さんも出るんでしょうからね。
以前にも書きましたけれども、本当の意味での 「日本クラス別ボディビル選手権」が観れますね。
開催地が神戸であるのが残念ですが、 今からエントリー表が楽しみです。
で、僕のトレは…。 3時間ぐらい掛かりましたね。
レッグプレス、スミススクワット、リバースハックを 中心に組み立てました。
いつもは右膝の外側が痛いんですが、今日は左膝が痛かったですね。(苦笑)
上記3種目は非常に効きましたよ。
重量、レップとも 良い感じでしたし。スミススクワットは、
単純に真っすぐしゃがんで 真っすぐ立つだけなんですが、
単純な事ですが 効きますよね。何セットもやりたいところなんですが、
膝の耐久性の事もあって、3セットで打ち止めにしています。(苦笑)
若い関節が羨ましいですよ。ホントに。
カーフもやりました。最近はカーフは加圧してやっている感じです。
といっても、膝にニーラップを巻いた状態でやっているんですが 非常に効きます。
既に脚をやっている時点でカーフがパンパンなので
カーフレイズで追い打ち!みたいな感じですね。
脚も後半になると、血流が下半身に集まってしまって 少し寒気がしますよね。
(苦笑) まぁ2日オフをとっただけあってか、意欲、体力ともに 十分でしたので、
良いトレが出来ましたよ。
次のトレは金曜日の夜中〜土曜日の早朝にかけて プレス三昧です。府中でやる予定です。 久しぶりにダンベルメインで構成しようと考えています。 今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

土曜日=中野。月曜日=本八幡。トレ後、トンカツ。

Photo_2

週末は、ビルダーの集いが中野でありまして

数年ぶりにウエスト東京へと脚を運びました。

ジムに入ってしばらくすると…ウエストのエース

「腹筋カニの裏」でおなじみの三井選手が

声を掛けてくれました。少しづつだけど

年々デカくなっているな、と感じましたね。

これって、ナチュラルでボディビルをやっている選手に

対しては最高の褒め言葉ですよ。

後は、松田怜二選手もダンベルエリアでトレしてましたね。

後、そうだ!ジャガー佐藤さんもいました。

顔が小さいですね~。あの小顔だと相対的に身体も

デカく見えるんだろうし、得だな~なんて思って観てましたよ。(苦笑)

小沼さんとも久しぶりにお話出来たし、なんとも素晴らしい空間を

過ごす事が出来ました。

その後は、村越選手、高橋典子選手、飯山律子選手、僕、三井ちゃんで

飲み会。プロレス好きが多かった為か、ボディビル&プロレス

座談会みたいな感じになってましたね。(笑)

その他、ボディビル界のウワサ話(内容は秘密です♥)などで盛り上がりました。

で、日曜日はオフ。

月曜日は娘の付き添いで、市川へ。

何故か、僕の行く所、ゴールドジムが存在する。

…かどうかは不明ですが、すぐ近くに

本八幡店がありました。

ですので、初めての訪問になりますが、行ってきました。

駅ビルの8Fにあるんですが、中々の眺望でした。

天気の良い事も手伝ってか「グッ~ド ルッキング!」

でしたね。

設備もハンマーが5台かな?ぐらいあったので、十分なトレが

出来ました。

ただハンマーってDYロウ、アンダープルあたりは

多く設置してあるのに、ハイロウ、ローロウは

あまり設置していないんですよね〜。

ハンマーに限らず、マシンって身体をコントロールすれば

自由自在に様々な箇所にあてる事が出来るワケだから

マシンのラインナップは多いに越した事ないんですよね。

故に動きが制限されてしまうマシンは好きじゃないんですよ。

ノース、ウエストにはプレスダウン用のケーブルマシンが

ありますけど、なんで背当てなんか付けたんですかね?

全く必要ないと思いますけどね。(苦笑)

で、トレを2時間半ぐらいやった後は、娘と

とんかつ和幸でヒレカツ、ササミチーズカツ

(とんかつは高たんぱくフーズです!)を

食べました。

久しぶりのトンカツ、旨かったです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月18日 (金)

サウスで脚トレ。コンパウンド三昧。

昨日は脚トレでした。

コンパウンド系を中心にまとめました。

複合種目、最高です。(笑)

種目としましては…

☆FLEX 45度レッグプレス

パーシャルムーブメントと骨盤が浮かない位置まで下げるタイプの

2種目。

☆ICARIAN 垂直式スミスマシン スクワット

ワイドと肩幅スタンスで。(レンジは短め)

☆ICARIAN 45度レッグプレス

シートを一番下まで下げて。このマシンは骨盤が丸まりづらいので

可動域をたっぷりとってやっています。非常に大腿部のサイズアップに

効果があると思います。

☆リバースハックスクワット

これは、スミスマシン(傾斜式)スクワットの代用種目です。

ナロースタンスで、自然にしゃがめるレンジで。

スミスマシンスクワットで出力の低下を感じましたので

それ以降は、パンプ系でした。

後はカーフですか。

ニーラップを撒いているもので、自然と加圧効果が

高まってしまい、カーフをやる前からパンパンでした。(苦笑)

ですので、重量的には軽めでキッチリやりました。

日常生活をおくっていると、膝は痛い事が多いんですが(苦笑)

不思議とトレを始めると出来るんですよね~。

ただ、ニーラップを巻かないと出来ませんけどね!(苦笑)

今日は夜勤明けなので、オフ。

次回のトレは、土曜日かな。中野で飲み会があるから

数年ぶりに中野でやるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

競技性の確立 エンターテインメントとしてのボディビル。

昨今、フィジーク、ビキニ、ボディフィットネス等々

様々なカテゴリーがあります。

そんな中で競技人口こそ少ないですが、

カテゴリーの頂点として「ボディビル」が位置していると

言って良いと思います。

で、何が言いたいかと言うとボディビルって

一般の認知度を含めた、競技性の確立が出来ていると思うんですね。

事、ボディメイクというジャンルに於いては

ボクシング、野球に近いものがあると思います。

誰が考えたのかは分かりませんけど、規定ポーズなんかも

本当に良く出来ていると思いますし、試合の進行なんかも

初めてコンテスト観た人に聞くと、面白がりますからね。

よくボディビルのポージングって「ちゃかし」の材料に

されるじゃないですか。でも、東京クラス別なんかで

鈴木さんがフリー取り始めると皆、シーンとして

見入ってますからね。それだけ人を引き込む力が

あるんですよね、ボディビルには。(もちろん、鈴木さんの

フリーのセンスによるところも大きいと思いますが)

以前にも書きましたが、放送業界でも

「ボディビルは数字(視聴率)を穫る」という説が

あります。スポーツドキュメント番組の制作を担当した

ディレクターから聞きましたけれども、メジャーリーグ

ネタよりも数字を稼ぐとの事でしたね。

僕も、結婚式や宴会の余興としてゲストポーズ的な

事をやりますけど、スピーチや他の出し物よりも

遥かにウケますからね。(笑)

昨今フィジークもカテゴリーとして

ボディビルよりも挑戦し易い事もあって、競技人口も増えていますが、

競技としての確立という面では、未だ黎明期で

完成されている感じではないですよね。

フィジークは素晴らしい競技だと思いますが、単体で

ゲストポーズをしている映像を観ると、

規定ポーズが少ないせいもあってか「間」が

持たないんですよ。(苦笑)

先程も書きましたけれどもボディビルの

各選手が個人で入場(ここで1ポーズかますというのも面白いんですよ。)

→ラインナップ→比較審査

→決勝フリーポーズ→ポーズダウン→表彰式

という流れは、よく出来ていると思いますよ。

この競技としての特性を活かさない手はないと思うんですよ。

ボディビルに必要なのは、ライティングを含めた、舞台設営や演出面の

強化、後は宣伝効果だと思います。

試合の流れ自体は既に素晴らしいものですから、あとは演出面での

「盛り上げ」ですよね。

昨今、結婚披露宴でも当日の映像が、宴終盤に

編集され、モニターに上映される時代ですから

ボディビル大会でも、比較審査~ポーズダウンに

向けてもっともっと煽るべきですよ。

フリーポーズの時間がかなり長いですから

その時間を有効活用するのが良いのではと思いますけどね。

また、不思議なものでマイナー競技には数十年に一度、浮上する

チャンスが訪れます。

K-1やPRIDEなども本来、非常に地味であった「格闘技」に

良い意味での「演出」を加える事により、大きな花を

咲かせました。演出に関してはプロレスから吸収したものが

多かったと思いますが、プロレスだって、演出がなかったら

本当に地味なものですからね。(昔のイギリスマットなどを

観ると理解できます。)

フィジークの出現により競技人口も増えています。

所謂「筋トレ」は、格闘技よりも初心者にとっては

入り易いものだと思いますし、

盛り上げるのは、今しかありません。

今度はボディビルの出番ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーティーンは無理に…。

今現在、トレは非常にベーシックにやっています。

あまり時間を掛けられないという事もありますが、

かなり休養に重点をおいたルーティンになっています。

ポイントとしていくつか挙げると…。

★自分にとって力の出し易い種目を最初にやる

★押す日を減らす

★無理に全身を1週間で回さない

★強い疲れを感じる前に休む

★無理に食べない

★トレの中盤~後半にかけてはパンプ系のトレをメインとする

こんな感じですかね。

普通といえば、普通なんですが

特に三番目の

「無理に全身を1週間で回さない」は

重要だと思っています。

以前にも書きましたけれども、トレ上級者は20代であろうが

40代、50代であろうが、皆1週間に一部位、1回制である事が

ほとんどです。

筋肉の回復力、関節、腱の回復力を考慮しても

同じであるわけがないですよ。(永年のトレによる損傷も)

僕もジムで一般の方にルーティーンの事で質問されたりしますが

「1週間で無理に回さなくて大丈夫ですよ」

と伝え、理由を説明すると

すごく解放(?)されて、安堵の表情で

納得する方が多いです。(特に年配の方ですね)

回復もしていない状態で、強い力が発揮出来るわけは

ないと思いますし、そんな状態で無理にトレを

続ければ、怪我、停滞を招くのは当然ですよね。

まぁ、事、コンテストへの減量ともなれば

頻度を増やして、運動量を求める事もしますが(苦笑)

一般の方、オフシーズンの競技者ともバルクアップを求めるならば

これが最良だと僕は思います。

で、昨日、今日は完全オフです。

仕事、家庭の用事のみ。

トレ意欲、完全回復を狙っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«週末は…。