« リバースグリップベンチプレス | トップページ | 今年のオリンピアは誰の手中に!? »

2009年3月27日 (金)

基本は『バーベル』

Photo

お疲れさまです!

トレの基本は、『バーベル種目』。
一番ゴマカシのきかない『バーベル種目』。

、、、などは、90年代後半『IRONMAN』誌上で
連載されていたトレ法『エブリタイムトレ』の樽谷さんの
言葉。なるほど。『エブリタイム』自体はとても実践出来ませんが、
『バーベルが基本』という事については、全くもって同感です。

私自身、最近はジムに行っても、ほとんどマシンを使わなくなりました。
アホみたいにバーベルと格闘しています。片腕種目も同様に
やらなくなってきています。どんどんトレが原始化している感じです。
最終的に徒手種目まで原始化するとは思いませんが、
小川典秀さんじゃありませんけど、
『原始的なトレ、大好きです』から。(ですが、最近、野外でトレしたくて仕方がないです。)

話は戻りますが、90年代は内外のトレ識者が様々な
トレ法を発表していておもしろかったですね。
メンツァーの『ヘビーデューティー』、樽谷さんの『エブリタイム』、
望月さんの『ハードゲイナー法(正式名称ではありません。)』などなど。

最近のトレ理論には、抵抗を感じる事が多いのですが、90年代は
良かったですね。

では、トレ報告です。

★金曜日
原宿東京でトレしました。
部位は、脚&背中。種目はスクワット(色々なスタンスで)とTバーロウでした。
種目は実質2種目でしたが、1時間ほどかかりました。
疲労度もかなりなものでした。

★土曜日
自宅で肩をやりました。スタンディングのダンベルプレスです。
重量は80ポンドのダンベルまで使いました。ショルダープレス系は
スタンディングに勝るものなしですね。シーテッドは楽ですからね。
(上背部をベンチに押し付けている分、重量は挙りますけどね。ハードさ
では、スタンディングの方が数段上です。)

★月曜日
自宅で三頭をやりました。
リバースベンチ中心で。相変わらず良い感じでした。
今回は100キロのバーベルまで使ってみました。

★水曜日
自宅で二頭(上腕筋含)をやりました。
たまたま、前回使ったEZバーが床に転がっておりましたので、
それでトレしました。種目はバーベルカールとリバースカール、そしてニーリングカールでした。
ちょっと使用重量が重かった感じでしたかね。

★木曜日
自宅で、三姉妹が寝た後にトレしました。
ベンチプレスのみです。(それでも40分程度はやったと思います)
この日のトレは重量を少し軽めに設定したせいか、脚の踏ん張りがよくききましたね。
とても良いトレができたと思います。

と!そんな1週間でした。最近は、魚と大豆中心のタンパク摂取を心がけている私ですが、
やっぱ、調子良いですね。

それでは良い週末を。

お疲れさまでした!


|

« リバースグリップベンチプレス | トップページ | 今年のオリンピアは誰の手中に!? »

コメント

ジェイさんお久しぶりです。
私は重心が一点で体軸と合わせやすいバーベルが最もしっくりきます。
ダンベルは2つ持った場合2点の重心と体軸を合わせなければならない為テクニックが不十分ですと効果を出し難いという欠点があり以前は軽視していました。
しかしながら欠点も視点を変えれば長所な訳ですから、やはりダンベルも積極的に使うべきだと最近反省しています。どちらに比重を置くかはその人しだいでありその差異が面白いのであって正解なんて無いのですが時々白黒つけないと気がすまない人が居て閉口してしまいますね。そんなのどっちでも良いジャンなんて。
 
まだ先ですが今年のオリンピアは混戦になりそうですね、ビクターにカイ・グリーン等 強豪がひしめいています。デクスターあぶないんじゃないでしょうか?
それとカトラーはこのメンツだと審査基準が変わってしまい厳しそうな気がします。
私はカイ・グリーンを押しているのですがジェイさんはどう見ますか。

投稿: イエーツ | 2009年3月28日 (土) 09時37分

イエーツさん

お久しぶりです!
お元気ですか?!

ダンベル&バーベル論、じっくり読ませていただき
ました。さすがです。言わんとする事が
伝わってきました。

結局のところ、私もダンベル、バーベルの間を
いったりきたりしています。
(最近は、もっぱらバーベルですが)
相川さんなんかは、『ダンベルの方が、重量を保持しているだけでも、刺激がかかるから、ボディビルダーは
ダンベルを使うべき』みたいな事を語っていましたもん
ね。(最近、ブログの更新が全くないのですが、
大丈夫なんでしょうか?!)

結局のところ、、、会長が以前言っていた
『トレ法に誤りなし』、、、ですね(苦笑)

今年のオリンピア。デキスターの連覇、、、
苦しそうですね。ビクター、カイ・グリーン、
デニス・ウルフと油断ならない相手ばかり。

まだまだ未完成ですが、個人的には
デニスに興味心身です!
去年は、外しましたからね。

投稿: JAY! | 2009年3月29日 (日) 09時39分

40分でトレが終わる山本さん
最低4時間は筋肉をいじめる合戸さん
マシンばっかのナルシス山本さん
独特の理論に基づく癖のある井上さん
パッと見で効かせてない!て批判されそうな相川さん

しかし全員凄い体してます
正解がたくさんあるのがトレの面白いところですよね

投稿: esupo”HD”こうた | 2009年3月30日 (月) 10時09分

esupo”HD”こうたさん

お疲れさまです!
そうですね。こうたさんの仰る通りです。
トレ法は無限にあり、また個人によって
骨格筋も違うわけですから、トレ法を
限定するのはナンセンスですよね。

また、我々トレフリークは、そういった事を
議論し合う事が好きな人種ですからね。(笑)

やはり『トレ法に誤りなし』ですね。

投稿: JAY! | 2009年3月30日 (月) 17時06分

JAY!さん こんにちは
esupo”HD”こうたさん 初めまして

デニスは久しぶりの大型新人で確かに期待されていますね、プロポーションを崩さずバルクアップ出来ればオリンピアも夢ではないと思います。

トレーニングに関しては、以前ロニコーが
これだけ様々なマシーンがあるにも関わらずフロントスクワットを今時しかもアホみたいな重量でやっているのを見てひっくり返りそうになりましたが、今では結構フロントスクワットをやる人増えましたね。最近ではカイグリーンがジェファーソンスクワットをやってるのを見てまたまたひっくり返りそうになりました。
いや、種目の選択やウエイトの扱い方、どれ一つとっても、トレーニングに誤りはありません。だからトレーニングは面白いのですね。

投稿: イエーツ | 2009年3月30日 (月) 18時38分

イエーツさん

お疲れさまです。

ジェファーソンスクワットですか。
ロニコーのフロントスクワットもそうでしたが、
同じくロニコーのバーベルを使ったTバーロウ(Tじゃないか?ジャパーニーズレードルロウみたいなのです)もやる人が増えましたよね。
まだ、ジェイ・カトラーがロニコーに勝てない頃に
出したDVDにも収録されていますよね。
また、最近出た鈴木 雅選手のDVDにも
『ブルガリアン・スクワット』が収録されていましたよ。そういった意味では、古式トレに向かって
原点回帰している時期なのかもしれませんね。

あと、カイ・グリーンといえば、ネットの動画で
食事風景を観ましたが、それこそひっくり返りそうに
なりましたよ。食いすぎです。(笑)

投稿: JAY! | 2009年3月30日 (月) 22時12分

はじめましてJAYさん エブリタイムトレーニングは現在、バーベル種目が中心ではなくなりました。ポジティブ系種目からネガティブ系種目の在り方を解明した、あのお方のお陰でマシンであろうがフリーウエイトであろうがポジティブ系やネガティブ系がある事と適切な可動範囲はどんなトレーニング内容にもあてはまる正しい筋力トレーニングだと思います。
現在のエブリタイムトレーニングは『筋発達の理解』で検索して頂くと本人のブログに出会えます。

投稿: エブリタイムT | 2009年3月31日 (火) 16時09分

JAY!さん お疲れ様です。
Tバーロゥ流行りましたね。やはりオリンピア連覇のドリアンとロニコーはとてつもない影響力がありました。

ところで意外な方が覗かれていらっしゃいましたね。私もアイアンマンの連載時は強く影響を受けました。あの当時の理論は今でも有効だと思っています。ただ某器具メーカーの方は如何なのでしょう?私としては山本氏やその他データを基に(もちろん実践も)研究されている石井先生や谷本氏等、又私自身の経験(トレーニング及び建築構造力学を少々)からいっても論理的矛盾が多々見受けられるのですが・・・・。
ただし、私の基本的なスタンスは個々においてなら何を信じようがそれはそれでOKと思っています。

エブリタイムTさんのご健闘を祈ります。
ただし、無暗に「いい加減な指導者」なんて物言いは避けた方が良いと思います。
1+1=2なんていう解答はどんな分野においても当て嵌まり難いものです。建築の構造力学も実際には設計者によって様々に意見が分かれる物なのです。

投稿: イエーツ | 2009年4月 1日 (水) 00時11分

カイグリーンのフリーポージングは独創的でプロ向きだと思いますが、人によっては気持ち悪いかもしれないですねw
私はケビンのフリーが好きでした
かっこいいし会場を盛り上げてましたね

投稿: esupo”HD”こうた | 2009年4月 1日 (水) 18時08分

エブリタイムTさん

お疲れさまです。
なるほど、現在エブリタイムトレは
変化しているのですね。
ちょっと見てみる事にします。
ありがとうございました。

投稿: JAY! | 2009年4月 1日 (水) 18時44分

イエーツさん

お疲れさまです。

『1+1=2なんていう解答はどんな分野においても当て嵌まり難いものです。建築の構造力学も実際には設計者によって様々に意見が分かれる物なのです。』

…まさにその通りだと思います。
そのあたりの話は、またお会いした時にでも
語り合いましょう!

投稿: JAY! | 2009年4月 1日 (水) 18時49分

esupo”HD”こうたさん

お疲れさまです。
カイ・グリーン、確かに生理的に
受け付けない(??)方もいるかも
しれませんね。(苦笑)

ちなみに私もケビンは大好きです。
いわゆるスタンダードな体型ではなかったですが、
シルエットを見れば、『あっ!ケビンだ!!』
と誰もがわかるボディをしておりました。

DVD『メリーランド マッスル マシーン』の
バーベルシュラッグ、印象的ですね。

投稿: JAY! | 2009年4月 1日 (水) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107861/28828414

この記事へのトラックバック一覧です: 基本は『バーベル』:

« リバースグリップベンチプレス | トップページ | 今年のオリンピアは誰の手中に!? »