« 朝トレ!背中でした。サウスです〜。 | トップページ | 「第一種目、第一セット目」 »

2017年11月30日 (木)

主観で語る「バルクアップ法」。

今日はトレオフにしました。昨日2時間程背中をやりまして、腰背部も

相当使いましたので、オフにしました。ですので、今回はコラム的なものでも。
タイトルにあるように、主観によるところのバルクアップ法です。
箇条書きで少し挙げてみます。
○嫌いな種目や、フィーリング的に合わない種目、マシンは外す。
※仮にスクワットがどうしても好きになれない、或はどうもしっくりこない
などの感覚があるなら、素直に外す。他の自分のフィーリングにあった種目で
バルクアップを狙った方が良いです。好きな種目と相対した方が良い結果が
出ると思います。僕自身もそうでした。
たまに、好きな種目だけで、角度やフォーム、重量を変えたりして
徹底的にその1種目だけやってみるのも、良いと思います。
パンパンになるまで。
○自分の感覚を大切にトレを進める。
※雑誌、ネットなどの情報を鵜呑みにしない。あくまで参考程度で
自分自身で試して効果を確かめる。極端な話、背中の種目といわれていても
二頭に強く効くのであれば、二頭の種目にして良いと思います。
これに関しては食事に関しても同様です。
○トレと同様になりますが、嫌いなものは食べない。(苦笑)
似たような栄養素であるならば、嫌いなものは避け、比較的好きな食品で
補給する。食事に関しても、正直「どうしても」というものはない気がします。
代用出来る食品はあります。もちろん、食品ですからメイン栄養素といわれるものの
ほかに、微量栄養素が含まれていますが、それも絶対じゃないですからね。
仮にメインタンパクを鶏肉で摂っていたとしても、僕は飽きたら止めます。
鮭やら牛肉やらに平気で変えちゃいますね。
嫌いなものを嫌々食べるよりも、好きなもので身体造った方が良いに
決まってますからね。
○疲れている時は、トレしない。特にバルクアップを狙う時期でしたら
絶対だと思います。(絶対はないといった論調で進めてきましたが、この点に
関しては「絶対」だと思います。)疲労のある状態でトレしても、高出力は
見込めません。これは間違いないです。
○なるべく消化吸収の良いものを食べる。あまり油ギトギトのものを
食べると、中々お腹減らないですからね。もったいないですよね。
それよりも、腹減ったら、補給!腹減ったら補給!の方が回復速いです。
○休む。これは、自分の感覚ですが寝なくても、横になったり
リラックスしている時間も含みます。僕自身は、よく書きますが
短時間睡眠です。ただ、ゴロゴロしたりはよくするので。
○怪我の可能性がある種目は外す。これも「嫌いな種目」の項目に
含まれるかと思いますが、年間通じて、極力継続的に伸びていくのが
理想だと思いますので、怪我をしない種目を選択するのは大切です。
そういった意味では、ストレッチ系の種目は断裂を引き起こす危険性が
収縮系種目よりも高いですから、種目の選択、どれぐらいのレンジで
エクササイズを行うかなど、考える必要があると思います。
特に腕を怪我してしまうと、なにも出来なくなってしまうので、
注意が必要だと思います。面白いもので腕を怪我すると
脚のトレにも影響が出てきます。強い出力が出来なくなりますからね。
こんな所でしょうか。自分自身も30年トレしてきて、ようやく最近
冷静に出来るようになってきた部分もあります。
ただ、僕自身も「ムキになる」タイプなので、冷静さを失わないように
気をつけています。(笑)
今現在の結論として「絶対」はないですよ。やはり。(苦笑)
ただ、休まないと「絶対」力出ないですけどね。

|

« 朝トレ!背中でした。サウスです〜。 | トップページ | 「第一種目、第一セット目」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107861/72341841

この記事へのトラックバック一覧です: 主観で語る「バルクアップ法」。:

« 朝トレ!背中でした。サウスです〜。 | トップページ | 「第一種目、第一セット目」 »