« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月31日 (水)

今季のオフトレ。

最近トレを週3~4日制でやっております。

毎回のトレが中々キツいです。(苦笑)

以前にも書きましたが、1回にやる種目(主にですね)が

多く、また部位も多部位やります。あと、毎回、最高重量、

回数を目指していますので、精神疲労も中々なもんですね。(苦笑)

ただ…楽しいですね!身体造りをしているって感じがして。

栄養素&休息も十分ですし。

僕のトレは、時間のある時は2部制にしていて

第一部=ストレングスエリア。第二部パンプアップエリア

みたいな感じです。第一部に関しては、今は

多部位で互いに関与の少ない部位同士を組み合わせています。

よりフレッシュな状態でセットに挑む事を目的にしています。

ですので、第一部に関してはパンプ感は半分殺している感じですね。

身体に衝撃を与えるエリアです。

下手すると週に3回しかトレのチャンスが来ませんから

ストレングスエリアに関しては挑戦するセットも1~2セット。

めちゃくちゃ集中しますよね。フォーム取りも気を使いますし。

食事に関しては、複合炭水化物を中心として

極力無駄なものは食べないといった感じでやっています。

複合炭水化物源としては、白米、玄米、干しイモあたりを食べてます。

あと、トレ後の和菓子か。(苦笑)

次回のトレは、胸、肩(プレスのみ)、腹筋、カーフを

組み合わせて回します。順番は胸→腹筋→肩→カーフといった感じで

進めると思いますね。楽しみですね。

オフトレも最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

脚と背中とリアを。午前2時から(笑)

今朝は、午前1時半起床!

少しだけお腹に栄養を入れて、府中ゴールドでトレしてきました。
採用種目としましては…。
★パラレルグリップ(ワイド)ラットプルダウン
★ストライブレッグエクステンション(カム3と1の間)
★45度レッグプレス
★ストライブフロントプルダウン(カム1)
★DYロウ
★サイベックス ライイングレッグカール(大腿部にパッドを1枚ひく)
★ワンレッグカール(メーカーはハンマー。ハムフレクサー形状のもの)
★リバースグリップ ラットプルダウン
★トップサイドデッドリフト
★プーリーロウ
★ワンハンドダンベルロウイング
★ダンベル ツーハンドベントオーバーロウイング
★ストライブ ディバージングロウイング
★ストライブ ディバージングリアロウイング
★マシンリアレイズ
★ダンベル ブルガリアンスクワット
★ストライブワンレッグエクステンション(カム2)
★ストライブライイングレッグカール(カム2)
★アウターサイ
★インナーサイ
★CYBEXハックスクワット(外側狙い)
★MAXICAM ハックプレス
★垂直スミス ワイドスクワット(ボトムから)
★デッドリフト
以上でした。最後の方、めずらしく少し気持ち悪く
なりました。脚と背中の組み合わせはヤバいですね。
4時間半ぐらい掛かりましたよ。
臀部がえらく効きました。当たり前か。(苦笑)
最近週末のトレは1回に抑えています。
なんというか…疲れましたね。(苦笑)
トレ後はセブンーイレブンさんの栗まんじゅうを食べました。(笑)
脂質がほぼゼロなのが良いですね。
次回のトレは火曜日の早朝を予定しております。
東京地裁に出向く予定ですので、原宿になりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

胸、肩、腹。高重量トレの緊張感。

今日は夜勤前のトレでした。

胸→→腹筋→肩(主にフロント。プレスだけ)といった

順序で進めました。胸と肩の間に腹筋を入れる事によって

押し筋のインターバルを長めにするのが狙いです。

最近の肩トレのプレスはもっぱらマシン系です。

数年前までは、ダンベルショルダープレスなんかも

採用していましたけど、いつか怪我するんではないか?といった

感じがあったので、マシンで高重量に落ち着いています。

ワイドスクワットなんかも、高重量を扱う際はマシンにした方が良いと

思います。ラックから外して、ワイドスタンスにする時に「ガクッ」と

なる事が多いですから。ボディビルダーですから、高重量は筋発達の為の

1つの手段ですからね。「怪我をしない」これが一番大切です。

デクラインダンベルプレスとかもやめておいた方が良いと思います。個人的には。

要は、負荷が対象筋にのって、伸展、収縮すれば良いわけですからね。

で、なんというかオフトレはエネルギーはたっぷりで元気なんですけど

オンとは別の意味で緊張します。疲労度…どちらかというと精神的なもの

ですかね。1セットごと超集中!でやっていますから。そのせいですかね。(苦笑)

出来うる限りセットの無駄を省いて、本番セットでの高出力を

狙っています。出力のチャンスも2~3セットだけです。

アップセットなんかもちょこっとしか動かさないです。(苦笑)

で、今日は、久しぶりに肩と胸のプレスを一緒にやったので、最終種目に

両方を補完出来るウエイテッドディップスをやりました。

やっぱり、効きますよね!ストロング種目ですよ。

で、(これ多いですね。笑)各部位で扱っている重量が重いので、回復までに時間が掛かります。

やっぱり重ければ重いほど、関節、腱への負担も大きいですから

冷静に回復度と向き合って、回復していないようなら

トレ自体を休む選択も必要だと思います。

明日は夜勤明けでオフ。

次回のトレは、土曜日の早朝トレ。府中ですかね。

背面を予定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

高出力とパンプ系

ここのところ、2~3部位を1回のトレで

回しています。とはいっても、背中と脚とかは

組み合わせないんですが、大筋群1部位+小筋群2部位とかですかね。

やり方としては…。

トレーニング開始~各部位2種目ぐらいまでは、低レップ。

下手すると2~3発ぐらい。1発もやる時もあります。

(どちらにせよ徹底した安全管理をします)

これをその日選択した部位ごとに進めていきます。

部位を選択した時点で、相互関与の少ない種目を選んではいますが

トレを進める時も、なるべく互いに関与しない部位でやると良いですよね。

この2ルーティーンでは徹底して高出力を求めます。

で高出力ゾーンが終わってか、らは、各部位を中重量でパンプ系です。

(ボディビルトレとしてはこれがある意味本番です。)

パンプゾーンでは、肩数種目連続(といってもトライセットとかではないですよ)で

肩ゾーン終了→ハムゾーンへ。みたいな感じで各部位ごとにパンパンになるまで

続けます。

オフトレならではですが、中々良いですよ。ボディビルトレは、重さだけでも

パンプだけでも、片手落ちな部分ってあるじゃないですか。

きっちり分ける事で一挙両得というか。自分自身も納得いきますからね。

重さも捨てちゃいけないと思うんですよね。

相川さんは「ビルダーとしての体力」としてみたいな表現をしていたと思いますけど

僕も同感です。

同条件でトレを進めて、やり尽くした後、最後の最後に効いてくる要素は

やっぱり扱う「重さ」だと思うんで、可能性として捨てちゃダメです。(苦笑)

昨日は、原宿のマシンを使って以上のようなトレをしましたけど、

FLEXのマシンは良いですね。ガツンと来るし、加重出来るし、頑丈だし。

そういった意味では、ノース、サウス、ウエスト、イースト、原宿、表参道

あたりのゴールド第一~第二ジェネレーションの店舗は、今となっては

貴重な施設ですよね。

明日は、またそんな感じで胸、ハム、腹筋あたりを組み合わせてトレ

する予定です。怪我に気をつけて頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

レッグエクステンションは…。週末のトレ。

僕の世代のトレーニー、ビルダーって

レッグエクステンションは主にカット出しの種目で

「脚は太くならない」みたいな論調が一般的だったんですけど

そんな事ないですよね。(苦笑)

あとはあれか、エクステンションは膝のウォーミングアップ的な

位置づけでメイン種目ではない。みたいな人も多かったかな。

名のあるビルダーでも、オフはエクステンションはやらない。

みたいな選手もいましたね。

僕自身のエクステンションの位置づけは、上半身に置き換えれば

プレスダウンと同位置ですかね。

プレスダウンって重要な種目じゃないですか?

あれ程明確に三頭筋が伸展、収縮する種目って少ないですからね。

上からのし掛かるように押して、パワープレスダウンとしてやれば

外側頭にも強烈な収縮感が得れますし、支点を肘から肩近辺に移せば

長頭全体のストレッチ種目としては、最強ですしね。

で、僕の場合は(昨日もそんな感じで組み立てましたね。)

まずエクステンションを高重量でやって、コンパウンド系に移り

最後にまたワンレッグエクステンションにして

(ストライブの場合はカム2にする事が多いです。初動が危ないんで)

収縮感を強めに設定して脚トレを終える。

みたいな感じで進めると、非常に良い感じです。

エクステンション=高回数みたいな人も多いとは思うんですけど

僕はあまりやりません。その代わり(?)ワンレッグです。

エクステンションは、特に内側広筋のバルクアップに効果的だと

思います。外側広筋と比べると、内側広筋って意識し易いし

感覚も倍位鋭いじゃないですか。

ですので、僕は、特に内側広筋を意識してエクステンションは

やってますね。(特にストライブでのワンレッグは)

そういった意味では、メーカーによってフィーリングも

様々ですし、動作としては「膝の負け伸ばし」なんですけど

様々な可能性を秘めた種目と言えるのかもしれませんよね。

あと、エクステンションを第一種目にする位置づけとしては

後に控えるコンパウンドエクササイズに向けての

「マインドパンプ」の意味合いも

大きいかもしれません。(笑)

話は変わって、週末は府中で朝トレでした。

上記にあるように、四頭メインの脚トレと

三頭を交互にやってきました。

それはそれで、中々良かったですよ。

オフトレは、色々試してみたいんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

ロープーリーは素晴らしい器具。

今日は背中でございました。

玄米、旨いです。トレの食事では500~600グラム強摂っています。

トレ後は、白米が良いとは思うんですが、まだ家に45kg以上玄米が

あるので(苦笑)、トレ後も玄米をせっせっかと食べております。

で、今日は背中でした。背中トレ大好きです。トレ部位で一番好きなんだと

思います。背中はプルダウン系、デッド系、ロウイング系と色々な

アプローチの仕方がありますから、一番種目も多く、時間も比較的

長いですね。なんとか2時間以内に収めていますけど。

そんな背中の種目の中でも、プーリーロウは色々な要素が

含まれていて良い種目ですよね。肩甲骨をフルに動かすやり方、

ベントロウみたいに素直に引くスタイル、起立筋メインで可動させる

事も可能です。ハンドルの種類も多いですし、事バリエーションという意味では

最強の種目と言えると思います。

サウス東京の場合、FLEXのプーリーロウをニーロウイングに

出来るのも良いですよね。腰の負担がかなり軽減出来ますから。

僕もたまにやりますけど、プーリーロウだけで背中を終わらせてみたい

するのも面白いと思うんですよね。

で、今日の採用種目は…。

☆ハンマー ハイロウ

☆ハンマー DYロウ

☆ハンマー ローロウ

☆ICARIAN アンダーグリッププルダウン

☆ICARIAN ナローグリップロウプーリー

☆ダンベルベントロウ

☆ストライブ リアレイズ

☆垂直スミス トップサイドデッドリフト

☆パラレルグリップ チンニング

改めて感じますが、背中のトレは特にセットを始める前の

ポジション取りというか、スタートポジションをしっかり

セットする事が大切ですよね。適当にポジション取りを

すると、大抵腕から引いてしまいますからね。

チンニングなんかは、わざとボトムポジションで腕を伸ばした

状態にして腕メインで引いたりしますけどね。

勿論、腕の日で。ですけど。

さて、明日はまた東京地裁で東電旧経営陣強制起訴裁判が

あります。ですので、トレはオフ。

夜は家族と食事です。思いっきり何も気にせずに

食べたいものを食べようと思っております。

実に8カ月ぶりです。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

アップセットを減らして。

今日はトレオフの日。ゆっくりした朝を迎えました。

朝食として、玄米を600グラム位と全卵×2個、納豆にごま油を入れたものなどを

食べました。少し下腹部に脂肪がついてきたので、少し調整しようかなと思って

おります。(苦笑)

で、オフシーズンになってからアップセットを大幅に減らしてトレしている事は

以前、ブログでも書きましたが非常に調子が良いです。

現状、さすがに1種目目は3~4セットぐらいのアップはしますが

2種目以降は、アップ1セットぐらいでやっています。

高出力を意識してトレを進めていますので、インターバルも長めです。

ついでに書くと、ルーティーンも1週間で完結するペースではありません。

なによりも良いのは、変に疲れない事と時間の節約が出来る事ですね。

ちなみに昨日、火曜日h東京地裁で東電強制起訴裁判がありましたので、

始発で原宿に行き、胸と三頭(外側のみ)、腹、カーフをやりました。

胸はハンマーのデクラインが良かったかな。胸のプレスはデクライン気味に

やるのが一番ですね。肩を痛めづらいし、伸展、収縮がしっかり出来るし。

更に、重さが一番扱えますからね。

あと、三頭の外側狙いのストライブのナロープレスが非常に良かったですね。

この種目は、ビデオで木澤さんがやってたもの。非常に入ります。

今は、三頭筋は8割、9割長頭狙いでトレしています。どうしたって

胸のプレスでは三頭外側を酷使します。ですので、今日も最後にやっておきました。(笑)

腹筋は調子悪かったですね~。原因は不明です。プレスダウンをやると

腹筋の出力は下がりますけど、今日はやってないですからね~。

面白いもんですね、身体って。

カーフも重量は扱えたんですけど、左のアキレス腱がちょっと怪しい感じが

しましたので、抑えめにしておきました。(苦笑)

カーフも怪我したら、大変な事になりますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

種目の再確認。1種目限定も面白い。

この週末、自宅でトレを一日1部位(ほぼ1種目)限定で

やったんですが、改めて実施した種目の特性が分かりますね。

ちなみに、土曜日は二頭のみ。

コンセントレーションカールをやりましたが、

中々鋭いあたりが二頭に出ています。

1種目限定とはいっても、レップ、レンジ等は色々とバリエーションを

付けます。ダンベルコンセントレーションカールに関しては、

両手で挙げて、ネガティブを耐えるとかもやりますから、時間は30分しか

やっていませんが、中々の疲労感です。

で、日曜日はフリーウエイトのスクワットだけ。僕は肩幅スタンスが

一番やり易いですね。そのスタンスで骨盤が丸まらないレンジまで

下ろすスタイルです。その後、踝同士がくっつく位のナロースタンスで

やって終わりましたが、終わった直後から筋肉痛です。(苦笑)

脚って、やってる最中から筋肉痛が出ますからね。

今日も朝から腰背部、臀部、当然ながら大腿部と鋭い筋肉痛が

出まくってます。(苦笑)

昔、北村さんも種目の特性を知るにはその種目限定でトレする事って

お話していましたからね。全くその通りですよね。

翌日にあたりが出れば、要因は前日実施した種目という事になりますからね。

この点に関しては、サプリの効果を確認する面でも使えますよね。

そのサプリの効果を知りたいなら、摂取サプリを1つに絞る。

そうすれば、効果の程が分かります。

今年、摂取タンパクを牛肉に限定した時期があったんですが

よく分かりましたよ、牛肉摂取の効果が。(笑)お金掛かりましたけど。

食事に関しても、サプリ、トレに関しても

決して、無駄な事ではないですよね。

ただ期間を限定して実施した方が良いとは思いますけどね。

時折、生活に取り入れると新たな発見がありますよ。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東学生ボディビル選手権&全日本学生ボディビル選手権

日曜日に関東学生ボディビル選手権が開催されましたね。

僕はまだ、学生選手権って観た事がないんですが、

動向自体は、須江さん、山岸さん、佐々木さんの時代から

雑誌等で見続けております。

学生選手権って、各部門賞ってあるじゃないですか、あれ良いですよね。

一般選手権も昔はありましたもんね。

あと、マスキュラーラウンドなんかもあって面白いですよね。

僕も割とマスキュラー得意なんで、規定ポーズにあれば良いのにな~

とか毎回思ってますからね。(苦笑)

渡辺実さんもブログで書いていたと思うんですけど

規定ポーズの順番もかなり順位に影響しますからね。

特に拡げるポーズと比較して、絞るポーズって

トレの積み重ねが身体に現れますからね。20代の選手よりも30代、

40台、50台の選手の方が密度がありますから。

愛知の浅野さんのサイドチェストも歴史の厚みを感じますよね。

で、話は戻って昨日の関東学生選手権ですが

SNSの動画、静止画しか観ていませんが、盛り上がってて良いですね。

観ている方も若い方が多いですから、元気です。(笑)

相澤隼人選手が優勝しましたね。ジュニアチャンプの泉選手も

素晴らしいアウトラインで、良かったですけどね。

相澤選手はまだ19歳?ですか。凄い完成度ですね~。

脚がやっぱり良いですね!横川さんもそうだけど

最近の若い選手は、特に直筋が良い!

若いのに、セパレーションもあるし、本当に素晴らしい。

更に今週末は、江戸川の小松川さくらホールで、

全日本学生ボディビル選手権ですか。

「ボディビルのかけ声辞典」の人気を受けての開催ですからね。

是非とも、一般層を巻き込んで盛り上げて欲しいですね。

「ボディビルのかけ声辞典」の事、この前研修にきた大学生の若者

も知ってましたよ。(普通の子たちです。笑)

時間が取れたら、僕も観戦に行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

『無心になれる』こと。

妙なタイトルですが、ウエイトトレの魅力の1つです。

よく語られるのが…
『やった事が自分にすぐにかえってくる』
『ストレス発散になる』
『飯が旨い』(笑)
とか色々ですが、僕もしかするとこの『無心になれる』が
一番の理由かもしれません。
北村さんも、ウエイトで一番大切な事のひとつに
『集中力』があるっておっしゃってましたけど、
あのヘビーセット(特にですね)に入る前の
自然と呼吸を整える感じ、呼吸を整えるうちに
自然と耳から消えていくBGM(ジムでは)。
中々、現代世界で体験出来ない事ですよね。
特に、フリーウエイトでのスクワット、床引きデッドリフト
ヘビーなワンハンドロウなんかもそうですかね。
少しでも油断したら、大けがの可能性を秘めている種目
なんかは、集中度もより高くなりますからね。
そういった意味では、ウエイトトレは一つの『修行』
ですよね。達人になるための。
9月まではシーズンでしたので、脚の種目数も
かなり多くしてました。もちろんそれはそれで
効果的です。
で、今日は自宅でフリーウエイトのスクワットのみを
限定で1時間程やりましたが、これも効果覿面ですよ。
集中力にジムと自宅の差はないですから
猛烈に効きましたね。
集中力とは別にウエイトは筋肉と脳に対して『刺激』を
与える行為ですから、たまにこういったシンプルトレを
やるのも、効果的ですよね。
30年以上続けてますけど、未だに感じます。
ウエイトを長期的、精力的に続けている方は
皆、スゴい集中力を持ってますね。
観れば分かります。(笑)
時折、超集中のシンプルトレを入れ込む。
オススメです。(安全管理をしっかりとね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

肩。のみ!1時間半。

今日は、肩をサウス東京でやりました。

全日本も終了。ジムもオフシーズンに入りましたね。

フロントで全日本終わりの大澤naoさんにお疲れさまでした!の

挨拶をして、それからトレーニングでした。

大澤さんは、なんというか良い意味で男っぽくて良いですね。

本当に「良い意味で」ですよ。さっぱりしてます。

で、今日の採用種目は…。

☆ストライブ ショルダープレス(第一世代の方ですね。)

☆ダンベルサイドレイズ

☆ストライブ リアレイズマシン

☆ダンベルリアレイズ(後半はリアロウ)

☆ヒップエクステンションマシン サイドレイズ

(肘で押すタイプのマシンレイズは軽いものが多いので、その代用種目です。

思いっきり出来て中々です。)

☆FLEX マシンショルダープレス

☆ハイパースミス フロントプレス

でした。1時間半で終了。オフトレは短くまとめられます。

記録も付けますし、チャンスは基本1~2セットだけですからね。

オンとはまた違う意味での緊張感があります。(苦笑)

ダンベルリアレイズなんかも、結構な重さまで持ちますから

腹圧が抜けると、怪我しますからね。

超集中!でやってますよ。

ちなみに今日の肩トレは、2週間ぶりでした。

でもレップの伸びありましたからね。

オンシーズンは、トレやり過ぎですからね。(苦笑)

明日は毎週恒例の高カーボミールです。

最近は甘くないベーグルとマフィンをよく食べてます。

最高です。ドリンクは無脂肪乳です。今から

楽しみです。

明日も折角、帰宅ルートにジムがあるんで

カーフと腹筋だけやって帰ろうと思っております。

トレ直後に高カーボ注入!で行こうかと。

そういえば、鈴木さんがインスタ始めましたね!

この前は柳さんとライブ配信してましたね。

結構投稿頻度も高いですから、是非皆さんも

アクセスどうぞ!須山さんみたいなトレ動画希望です!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

DVDコレクションから久しぶりに「オフトレ3」鑑賞。

昨日は有給休暇をいただきまして、原宿GGへと行ってきました。

部位は背中、ハム、僧帽でした。

いや~やっぱりラットフレクサーは名マシンですね!

大、大、大好きですよ。

僕はアンダーグリップで引く事が多いんですけど、あの全力感は

たまりません。最高です。

この日の第一種目でしたので、フルスタック+60キロだったかな?

まで引きました。最後の60キロは引ききれませんでしたけど。(苦笑)

やる事には意味はありますんで。

普通のプルダウンだと、超高重量だと、耐えるのにハムが効いてしまうんですけど

ラットフレクサーだと、それ程ハムに負担が掛かりません。

僕のメインジム、サウス東京、府中東京にも設置して欲しいです!

原宿店も、店舗としては古い部類に入りますから、僕の好きなICARIAN、FLEXの

マシンが多く設置されていて良いですね。FLEXのマシンは優秀ですよ。

今はほとんど見かけませんけど、左右のパッドが分割されていて

背当てを後ろに下げられるレッグエクステンションも最高です。

体感重量が重いですし、ガス管で加重も可能、なによりガツンと入る。

ソフトなマシンはダメですね。僕は。

プルオーバーマシンも最近のノーチラスのはダメですね。ソフトで。

そういった意味では、代々木上原、海浜幕張に設置してある旧式のプルオーバーマシンが

良いですね~。

今日はトレオフです。オフを増やしてから出力が良い感じです。

そういえば、昨日の夜にマッスルメディアジャパンさん制作のDVD

「オフトレ3」を鑑賞していたんですが、オフトレという事も

あって、休養の事を出演者であるゴリさん、相川さんも

お話していましたね。レイオフの事をゴリさんはお話していましたね。

意識的にオフを取るという事ですね。

相川さんもオフシーズンは、ストレングスに拘るとお話していました。

(僕、相川さんのトレ大好きです。)

相川さん、オフの1つのパターンとして1オン、1オフにする事も

あるとおっしゃっていたな。確か。

僕も賛成です、それ。

無理矢理、全身を1週間で回して、胸の日で押して、肩の日で押して、三頭の日で押して…。

押し過ぎですよ!それ。

仮に2週間ぐらい空いても、バルクも出力も落ちませんからね。

サボるのと意識的に取るオフとは違いますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

全日本ボディビル選手権2018の感想。

盛り上がったみたいですね。今年の全日本。

高校選手権、ジュニアと一般部門は当然として、下層カテゴリーの

成長速度が半端じゃないですね。

…と言いつつもJ-SPORTSで中継放送された番組を観ていません(苦笑)。

もっぱらSNS頼りでした。(さらに苦笑)

高校選手権は、正直よく分からないので、書きようがない感じです。

ジュニアは、鈴木優之選手が東京クラス別に引き続き表彰台をゲットして

ましたね!大分細くはなってしまったけど、結果を残したな~。

デビューイヤーとしては、十分過ぎでしょ!(笑)

東京クラス別に引き続き、鈴木くんおめでとう!

あとは、気になる所は話題の榎本選手ですよね。

身体全体を観ると、やっぱり脚の存在が際立ってはいるけど

上半身も強いですね。まだ彼は10代でしょう?

驚異的ですよね。来年以降、どんな進化を見せるんでしょうか?(笑)

で、一般部門です。

小松さん、念願のファイナリスト入りしましたね。しっかり観れたわけではないので

分からない部分もあるんですが、日本クラス別の絞りまではもって行けなかった

みたいですね。1年に2回、あのコンディションは無理ですよ。やっぱり。

それでも、プロポーションも良いし、バルク的にも弱点っていう弱点はないし、

来年以降は、全日本1本で行って欲しいですね~。

あと、木澤さんがトップ6に返り咲きましたね。いつも思うんですが

木澤さんって、身長高く観えますよね。ボディビル的には関係ないですけど。(苦笑)

個人的にファンの山口さん、髪型が違ったせいか最初誰が分かりませんでしたよ。

今回11位ですか。もう少し評価が高くても良い感じもしますけどね~。

ゴリさんは9位でしたね。今年は色の入りも良く観えたので、どんな評価が

出るのかなと思っていたんですけど、このメンバーで9位ですからね。

やっぱり凄いですよね。

合戸さんも凄いですけど(57歳ですよね?)須江さんも凄いです。51歳ですよね。確か。

須江さんっていうと脚が弱いみたいな事をよく言われますけど、カーフなんかは

むしろ強く観えますよね。勿論上半身は強いですけど、下半身がそれ程見劣りする感じ

もないんですけどね。上半身が強過ぎるだけですよ。

横川さん、2位に入りましたね。デビュー3年目?驚異的な出世速度です。

鈴木さんの脚のバルクが少しダウンしたように見えた分、横川さんの脚の

バルクは驚異的に観えましたね。腕と脚のバルクが際立っているので

体幹部が小さく見えるんですよね。不思議な体型です。(苦笑)

来年はミスター日本、穫るかもしれませんね。

須山さん、今年は3位でした。大腿部が少し細くなっているようにも観えました。

ちゃんと観ていないので、細かな部分は分からないですけどね。例年須山さんの脚を

観ていると、サイドチェストの時のハムのボリュームが際立っている印象なんですが

今年がどうだったんですかね?

田代さんも、例年よりも小さく観えました。それでも4位ですか。流石ですよね。

と、見どころ沢山で書ききれません。(笑)

あ!鈴木さんの事書くの忘れてた。(苦笑)

今年で9連覇。高重量トレを捨てて挑んだ全日本。僕の中での最強の鈴木雅、2016年の

全日本の姿は今回は観れなかったけれども、細かな部分で

横川さんを振り切っての勝利。

流石ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

須山さんのトレーニング。インスタで。

最近、須山さんのインスタでトレ動画の投稿があるんですが、

非常に興味深いですね。
鈴木さん、須山さんは昨年の日本ボディビル界の1、2フィニッシュですが
トレーニングのタイプは違いますもんね。
今週末も、久しぶりに鈴木さんのトレを動画で観ましたけど、
須山さんとは違った意味で参考になりますよね。
鈴木さんのトレは、なんというか僕の観た感想なんですが
マシン、フリーウエイトのそれぞれの特性に合った軌道で素直に引く…
というか、今の鈴木さんのトレは違うと思うんですが、負荷がしっかり掛かった
スタンス、フォームで全力で筋力を発揮するといった感じですかね?
対する須山さんのトレは、身体の各所で効く軌道を探しながら動作する…
みたいな感じかな?文章化すると、なんとも表現しきれないんですけどね。
須山さんのトレは、映像化されていませんから(バトルは除く。あくまでも個人DVD)
未知の領域です。
バトルは、種目ごとに須山さんの解説が入るわけではありませんので、
是非とも、須山さんのトレDVDを制作して欲しいですね。
須山さんのDVDだと、部位ごとのチャプターの合間に、食事とか
外食風景とか、色々挿入できそうですし。(笑)
須山さんも15歳からですか。20年以上もウエイトをやってきているので
非常に興味があります。
最近のインスタを含めた「数少ない」映像を観るだけでも、非凡なトレセンス
というか…を感じます。以前にも書きましたけど
身体の使い方が上手いです。
以前のバトルで、リバースベントロウをやっていましたけど、
いわゆる「ドリアンロウ」とは全く違った狙い(だと思います)
だと思うんですが、あのフォームは凄いですよ。
一見、身体を失礼な表現ですが「ピョコピョコ」動かしている
ように観えるんですが、たっぷりしっかり「筋肉」に刺激が入って
いるのが、分かります。
サウス東京で、ゴリ高梨さんのトレもよく観ますけれども
ゴリさんのトレも、近いものがあるように感じます。
さすがに、全日本ファイナリストですよね。凄い身体で
皆さん凄いトレーニング。+トレも千差万別です。
須山さん、インスタトレ動画楽しみにしていますので
今後もバンバン、上げてください。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

最近の食事

0

いよいよ今週の日曜日、大阪で全日本ですね。

毎年ですが、楽しみですね〜。
小松さん、調整はどうなんだろう?
脚の仕上がりに注目して欲しいと動画では言っていたけど
クラス別に匹敵する仕上がりで登場するのかな。
今年は比較審査にたっぷり時間を割いて欲しいですね。
横川さんと小松さんの比較とか観たいですからね。
2人ともバルクありますし、脚が良いですからね。
で、最近トレは週4日ですが結構複合炭水化物を多めに
摂っています。が、特に脂肪が載ってきませんね。
足りてなかったんでしょうね。
金曜日の夜勤明けでも、ベーグルを4つ位と和菓子、
玄米マフィンなんかを食べました。
玄米マフィン、タカキベーカリーのもので、成城石井なんかで
売っているものなんですが、しっとりしてて本当に旨いんですよ。
マフィンって感じじゃないですよ。もっちり、しっとり。
未食(こんな言葉があるかは知りません)の方は是非一度。
で、タンパク質に関しては、それ程入れてませんね。
ただ、脂質の多く含まれているカーボ源は
全く摂っていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »